火災保険で儲かった理由【火災保険は気軽に使えます】

初めて〇〇してみた



こんにちはホシオです。hishio_jp

先日、火災保険を利用したら、家具が直ったうえに1,205円儲かりました。


火災保険って使ったことありますか?

「火災保険なんて家が火事になったり大事にならないと使えないじゃない?」

と思いますよね?




結論から言うと、ぶっちゃけどんな時でも使えるんです!


  • 火災保険てどういう時に使えるの?
  • どのくらいの金額を保証してくれるの?
  • 入金までにどのくらいかかるの?


この様な疑問が解決する内容になってます。


この記事は火災保険を一度も使ったことがない人向けの記事になっているので、わかる人は読まなくても大丈夫です。w


今回は火災保険を実際に使ってみたので、この記事の信頼性はありますよ。

はっきり言って、


使わないと損です!!!



それでは解説してきますね。



火災保険で儲かった理由

そもそも僕が火災保険をなぜ使う事になったのか説明しますね。

先日、お風呂に入ろうとしたら事件が起きました。

浴室のドアノブが壊れました!




ぎゃー!取っ手が壊れた!!!



よく見ると根元の金属が劣化していたようです。

扉のメーカーを調べたところ、TOTOだったので問い合わせをしました。

担当の営業と話をして、扉の型番を伝えて見積書を出してもらいました。


見積書の内容がこちら↓




67,045円!!!

取手が取れただけなのに高すぎる・・・。

TOTOに問い合わせたところ、扉全部の取り替えが必要になるとのこと・・・
しかもTOTO製品のため他では修理不可能だということで、妻と相談し仕方なく修理依頼をすることに。。。




連絡してから1ヶ月

ようやく扉が入荷したのでメーカーの人が取り付けにきました。


取り付けの様子↓




わずか10分ほどの作業で取り付け終了。



お支払いとなりました。




割引もなく67,045円ぶっ飛びました。(多く払って3000円のお釣りもらいました)


業者が帰り、ふと思う・・・

冷静に考えて取っ手が壊れただけで約7万は痛すぎる・・・。

このやるせない気持ちをどこにぶつければいいのだろうか。

ムムム・・・。





そんな時思いついたのが火災保険です。


確か火事以外にも使えた気がする・・・。

色々調べたけど、よくわかんなかったので直接保険会社に連絡をしてみました。

すると・・・

担当営業
「加入しているプランに、建物・家財が含まれているので火災保険で保証可能です。書類一式を送りますので、破損箇所の写真を3枚(全体、壊れた箇所のアップ、壊れた部品)と修理見積書を一緒に同封して返信してください」とのこと。


※ ただし、全額負担できるかはこの時点ではなんとも言えないらしく、免責金額として5000円はお客様負担になると言うことでした。
※ 家財が対象になっていることが条件となりますので、保険会社に確認して下さい。


やったー火災保険で直るぞー!!!

て、ことで保険会社より書類を待つことに。。。



そもそも火災保険てなんで必要なの?って人はこちらの記事をどうぞ
火災保険とは?意外と知らない補償内容・必要性について徹底解説!



火災保険会社から書類が届く

火災保険会社に連絡して一週間くらいで書類一式が届きました。


こちらが表面↓



こちらが裏面↓


必要事項に記入後、書類一式と故障箇所の写真3枚を返信用封筒に入れポストにイン!

あとは連絡を待つだけ。

「一体いくら保証してくれんだろうな、全部は無理でもせめて半分くらいは・・・」神に祈るのみである。


【送り返した物】

  1. 保険金請求書(火災新種物損害請求用)
  2. 壊れた物の写真3枚(全体・壊れた箇所のアップ・壊れた取っ手のアップ)
  3. 修理見積書

注意点
※ 東京海上日動火災保険での場合なので他社では変わる場合があります。必ず確認して下さい。
※ 破損した部分の写真は必ず撮りましょう!
※ 修理業者には必ず見積書をもらうようにしましょう!
※満額保証されるとは限りません。家財の状態や使用期間などで金額が変わってきます。



ついに保険会社から連絡がきた!

書類をポストに投函して10日くらいがすぎた頃・・・

夕方18時過ぎに運命の着信がなりました!

担当営業「〇〇保険です。先日のお風呂のドアの金額が確定いたしましたのでご連絡いたしました。」

僕「は、はい。いくらになりましたか?・・・・・」


担当営業「えー、今回ですね・・・結論から申しますと・・・」


僕「・・・・・ごくッ!・・・」


担当営業「68,250円のお支払いとなります!」



68,250円!!!

え!増えてる!マジで!www


入金確認

後日入金確認をすると、間違いなく68,250円入金になってました。








同時に保険会社より書類が送られてきて確認したところ内訳明細がこちら⬇️





明細表の中に気になる点が!

建物臨時費用保険金で6,205円入ってる!なんだこれは?



あとで調べたんですが、建物臨時費用保険金とは「お見舞い金」のことらしく、お支払い額の10%がプラスでもらえるのです。(知らなかったーw)


つまり今回のお金の動きを整理すると・・・

  • 修理金額  67,045円 (とりあえず自腹で払う)
  • 保険金   67,045円 (満額保証)
  • 免責金額  −5,000円 (自己負担金は必ずかかる)
  • 保険金   62,045円 (差し引いた額)
  • お見舞い金 +6,205円(保険金の10%がもらえる)
  • 振込合計  68,250円 (ウェーイ!)


※改めて記入しますが、必ず満額保証されるとは限りませんのでご注意して下さい。

入金まで何日かかるの?

保険会社から確定金額の連絡を受けてから三日後に振り込まれました。



火災保険を使う時の効率のいい手順

  1. 物が壊れる(写真を撮っておく)
  2. 保険会社に連絡して対象の家財か確認
  3. 大丈夫なら修理業者に修理依頼(この時、修理見積書も必ず頼むこと)
  4. 保険会社から書類一式が届く
  5. 家財修理完了
  6. 保険会社に書類一式郵送
  7. 保険会社より確定金額の連絡
  8. 入金

この順番だと二度手間になりませんよ。
(ちなみに扉の入荷待ちなどあった為、全て終わるまで1ヶ月半くらいかかりました)


まとめ

今回は初めて火災保険を利用しましたが、手続きはとても簡単でした。

利用してみて思ったのが、とても気軽に使えるんだなってことでしたね。

ちなみに毎月の保険料が上がるとかないので安心して下さいね。

もし家の中で大切なものを壊してしまったら、火災保険をぜひ使いましょう!


では。